FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の自分を見る

昨日、カウンセリングを受けた。
そこで話した内容だ。


私達夫婦の結婚披露宴のビデオを観た。
何年ぶりかな?。
結婚してすぐの頃は観ていたけれど・・・。

正直、観たくない。
披露宴は、できればやりたくなかったから。

今回は、たまたま観た。
そこに映っていた私は、強烈に緊張していた。
まるでロボットのように表情と動きが堅い。
自分自信だからこそわかる。
そして、それを悟られないように、
必死に平静を装っていた。
痛々しいほど必死に。
そこまで頑張らなくて良いと、
言ってやりたいけれど、
映像は、ただただ続いていく。

動画というもののインパクトの強さを感じる。
自分自身をこれほど大容量で記録したものはない。
しかも、私が実質的に倒れるほんの少し前という
重要な時期だ。

あの当時、頑張らないという選択肢はなかった。
また、妻が心待ちにしている披露宴をやらない、
などとはとても言えなかった。

異常なほどの頑張りを、当然のこととして、
辛さを封印している。
そして、私自身の個性も封印し、
ただただ披露宴が滞りなく終了することだけに
神経を集中している。
それが、この映像からあふれんばかりに伝わってくる。

招待客の選び方は、今考えても100点満点だ。
よくぞ、これほどのバランスで選んだものだなと、
我ながら感心する。
ただし、そこに自分の想いは見えない。
誰ではなく、肩書きで選んでいる。

私は、十分過ぎるほど頑張った。
今から思えば、方向性が正しかったとは
言えないかも知れないが、良く頑張った。
それは誉めてやりたい。

現在観る過去の自分。
そこには、その間の変化を感じる。
過去の自分を表現したものを
取っておくものだなと思った。
動画,写真,日記,ブログ,作品、何でも良い。

そして、現在の自分もまた変わる。
今日と明日では同じものを観ても
感じ方が違うかも知れない。

今日の私が同じ状況だったらどうしているかな?。
この質問は無意味だろうか?。
同じ状況などあり得ないから。
でも無意味だとは思わない。
それを考えることが、変化につながると思う。

おそらく、妻に言えるだろう。
「披露宴、やりたくない」と。
そして、妥協点を求めて、相談するだろうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

プロフィール

とれっく

Author:とれっく
40代の男性会社員です。幼い頃から説明できない不安といらだちを抱えてきました。最近、その根っこにACがあることを知り、ACからの回復を目指しています。広島県に住んで20年近いエセ広島人。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。