FC2ブログ

久々

久しぶりの更新だ。
何となくブログに向かう気にならなかった。

今日、電話で母と話をした。
それが書く気になったキッカケ。
パワーをもらったような感じかな。

最近は、実家からの電話を取るのに、
心の準備は要らない。
音信不通にしていた頃とは雲泥の差。

話していた時間は1時間余り。
話は尽きなかった。

話は自然と心のことになる。
若かった頃の母にも、
今の私と似たような悩みがあったそうだ。
生真面目で完璧主義で白黒思考。
人間関係の悩みは深かったそうだ。

私は尋ねた。
その悩みとどう向かい合ったのか?。

母は言った。
「う~~~ん、時間と人かな。
 当時は、今のように心の病という言葉も
 テレビで心について取り上げることもなかった。
 自分だけがおかしいんじゃないかと思った。
 どうしていいか、わからなかった。
 ただ、人と話すことが好きだった。
 兄弟姉妹が多かったからね(8人)。
 だから引きこもることがなかった。
 ちょっと人と話をしないと、とても寂しくて。
 だから、嫌な人もいたけど良い人にも巡り合えた。
 そのおかげじゃないかな。
 それと、その時は嫌な人だと思っても、
 時間が経ってみると、
 違う面も見えてくることもある。
 人間って、そういうものなんだなって、
 思うようになった。」

初めて聞いた話だった。
母は母なりに苦しみ、我流で闘い、
母なりの答えを出したんだな~って。
その内容も、今、私が取り組んでいることと
そう大きく変わらない。

また、一人の人間としての母を感じた。
母の個性と言えば良いのかな。

私も、今、私が取り組んでいることを話した。
母の理解は速かった。
さすが経験者。
そして、
「素晴らしいんじゃない?。成長したね。」
と言った。

母とこんな対話ができるようになった。
今や同士のようだ。とても嬉しい^^。
また、話がしたい。
スポンサーサイト



テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

プロフィール

とれっく

Author:とれっく
40代の男性会社員です。幼い頃から説明できない不安といらだちを抱えてきました。最近、その根っこにACがあることを知り、ACからの回復を目指しています。広島県に住んで20年近いエセ広島人。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード