FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温かい記憶かな?

温かい記憶になるのかなー?。

埋もれていた記憶というより、
順々に追いかけて行ったら、
たどり着いたという感じの記憶。

三つとも全部、夜、寝る間際の記憶。

一つ目は、クリスマスイブ。
サンタクロースが実在すると
信じていた幼少の頃。
靴下をぶら下げておくと、
そこにサンタクロースがプレゼントを
入れて行ってくれると信じて眠った。
夜中に、確か母だったと思うんだけど、
靴下にプレゼントを入れていた。
その物音で私は目を覚ました。
決定的瞬間をバッチリ見てしまった。
「あー、見られちゃったー。」
というようなことを母が言ったと思う。

私は、どんな思いだったのかな?。
サンタクロースだと思ってたのに、
というような思いだったと思う^^;。

二つ目は、ある日の就寝間際。
これも、かなり幼少の頃。
私は母に寝かせてもらって、
母は電気を消し、
私のおでこにキスをした。
そういう習慣は無かったと思う。
かなり眠かった状態だったと思うんだけれど、
何だか、くすぐったいような記憶が残っている。

三つ目も二つ目と似たような感じ。
寝る間際に母に子守歌を歌ってもらっている。
「ね~んね~ん ころ~り~よ~ おこ~ろ~り~よ~」
私はこの子守歌しか知らない。
スポンサーサイト

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とれっく

Author:とれっく
40代の男性会社員です。幼い頃から説明できない不安といらだちを抱えてきました。最近、その根っこにACがあることを知り、ACからの回復を目指しています。広島県に住んで20年近いエセ広島人。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。