FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の想いを映す母の言葉

前の記事で少し触れた日曜日の母との話。
こちらから父の日のプレゼントを贈り、
それが届いたということが始まりだった。

私が今取り組んでいることの概要は、
すでに母に伝えてある。
少しでも記憶を取り戻すヒントが欲しいので。

そのヒントになるかも知れないということで、
母が一つ思い出したことがある、とのことだった。
私が泣いた記憶がないということに関連して。

母の話によると、
私は幼い頃、ミニカーが大好きだったらしい。
私の中にも、ボンヤリとだが、
沢山のミニカーの映像が思い浮かぶ。
私はミニカーを見ると、
欲しい欲しいとねだっていたらしい。
そして、買ってもらえないと、
その度に大泣きしたとのことだ。
母の言葉を借りれば、
「ただ泣いてたんじゃなく怒っていた」とのこと。
男の子の泣き方のすごさに驚いたそうだ。
結局、母が根負けして買うはめになったという。

それは何歳頃の事かと尋ねると、
3~4歳だと思う、ということだった。
そして、それ以降、泣いていた記憶は
ないということだった。

それを聞いて、何となく嬉しくなった。
私が泣いた事実を知ることができたから。
今は、それを抑えているに過ぎないと思えたから。

電話してた時間は1時間半。
途中で長いな、と思った。
そして、電話が終わらない訳が
わかったような気がした。

私は、言葉には出さないが、
母に対して恨みつらみを謝罪して欲しいと
訴えかけているのではないか?。
そして、母もそう感じ取っているのではないか?。
母は、昔のことを根掘り葉掘り調べるのは
いい加減にしたらどうか、と盛んに訴え、
現状を変える方法は何か、と盛んに尋ねてくる。
私にしてみれば、母にそう言われると、
なおのこと恨みが再燃する。
ただ、元を正すと、私が火に油を
注いでいるのではないか、と思えた。
母の言葉は、私の想いを
映しているのではないか?。
だから、この電話、いつになっても
終わらないのではないか、
そう思えた。

もう一つ、
母が私に対して、昔のことにこだわるのは
いい加減にしたらと言うことについて、
私と似ていると感じた。
見たくない部分を見ることを
怖がっている私とダブった。
本当なら、とことん追求したいところだが、
自分のことを考えると、それは言えないし、
そもそも、それは単なる復讐に過ぎない、
と思った。

それらを感じながら、母の発言の変化に
ちょっと嬉しくなった。
「今思うと、良い悪いを決めつけるような
ところがあった。今思えば、
どうってことないことにこだわっていた。」
と母が自らのことを言った。
昔なら、このようなことを言う人ではなかった。

もしかすると、私の側の変化が、
母の発言に影響したのではないか?。
今まで火に油を注ぎ続けてきたものが、
火を消す方向に変わってきたのではないかと。

ACの世代間連鎖があるなら、
その逆もあり得るのではないか?。
消すことは不可能だろうけど、
減少させることは可能なのではないか?。
それが親子関係、人間関係ではないかと。

そもそも、私からの協力要請に
母が応えていること自体、
私の態度に何か変化を感じた証ではないだろうか?。
そんな風に感じた。
スポンサーサイト

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

コメント

とれっくさん・・・お母様を許す方向へすすんでいるということですか?
そして、お母様は、自分の間違いを認める方へいっているということですか?
大きな変化が起きてるんですね。文字にすると、短いけど
すごい変化ですよね。

夢花さんへ

コメントありがとうございます。

自分でもわかりにくいんですけどね^^;。

この数ヶ月、取り組んできたことが、少し、
私に変化をもたらしているという感じかな?。
ですから、意識的に許す許さないという
感じとは違うように思います。

母は、今でも子育てを間違ったとは
思っていないと思います。
ただ、間違っていなかったかと、
気になっているように感じます。
色々考えてみて、間違いはなかった筈、
という風に思っていると思います。
ACを自覚している訳ではないですからね。

ですから、昔のことを話していても、
「何の問題もなかったよ」という感じですね。
それは、そうだと思います。
私に何の問題もなかった事が
問題だと思いますので。

真面目、優等生、責任感、協調性を
問題だとは感じないでしょうからね。
むしろ、ほめられる類のことでしょうから。
ただ、ちょっとおとなしかったかな、
という程度で。
わかりやすい問題には
手を当ててきていると思います。

ただ、母の態度の軟化は間違いないと思います。
それが私の変化にリンクしたのでは?、
と感じるんですよね^^。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とれっく

Author:とれっく
40代の男性会社員です。幼い頃から説明できない不安といらだちを抱えてきました。最近、その根っこにACがあることを知り、ACからの回復を目指しています。広島県に住んで20年近いエセ広島人。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。