FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母への想い

私は、物事の決まったことが、
決まった通りになっていないと納得できない。
イラつく。
これは、様々な所で様々な形で私を悩ませる。
しかし、微妙にその力が弱まってきた気もする。

このイラつきは、
自分だけの世界で生きようとするから、
外の世界と関係を持つことが怖いから、
起こるのだろう。

それは、人にかまってもらったと感じたことが
少ないから起こるのだろう。
それは物心つく前に始まり、
物心ついた後にそのことにうっすら気づいた時には、
外の世界と関係を持つことが怖くて、
どうにもならなかったのだろう。
見て見ぬふりをしたのだろう。
勇気をふりしぼっていたら、
どうなっていただろうか。

さらに今は、知恵がつき、
様々な言い訳を生み出すことができ、
それを盾にして進まない。

今から思えば、全て言い訳だった。
特に母との間に起こったことは。
私の今の状況は、
母にされたことが原因と思ってきた。
でも、たぶん違う。
「かまってもらいたい」でも「かまってもらえない」。
その寂しさを紛らわすために、
少しでも関係ありそうなことと結び付けてきただけ。

だって、私はPTSDではないから。
母からされた仕打ちを何度も悪夢として
見る訳でもないし、
逆に、ごっそり記憶が無く、
それをどこかへしまい込んでしまった訳でもない。
夢の内容は、毎回、象徴的なものばかりだ。

母も私も人間。
完璧ではない。
虫の居所の悪い時もある。
でも、その時その時を一所懸命生きてきた。
その母と私の関係に起きた不幸な誤解。
それを無意識に私の良いように、
言い訳に仕立ててきただけ。


視野が狭いとも言うだろう。
ただ、それは今更、仕方がない。
悪いことでもないと思う。
私も必死に生きてきた。
未熟なだけ。
でも、そのことに気づき始めた。

過去、ずいぶん、母に対して暴言を吐いてきた。
さぞ、母は心が痛かっただろう。
きっと、私の心も痛かったのだろうけれど、
怒りが勝ったのだろうか。
それに気づいた今、私は母に謝らなければならない。

数日前に電話で話した時は、まだ謝れなかった。
まだ、確信がなかった。
ただ、何となく、母に対する私の怒りが
小さくなっていることは感じた。

そして、今、こんな風に思うようになった。


この謝罪は重たいものだ。
私の全人生,全プライドと吊り合う程かも知れない。
でも、不思議とそこまで深刻さはない。
妙に歪の少ない心からの想いがある。
謝りたい、ただ、それだけ。
母からの謝罪も要らない。
そして、伝えたい。
かまってもらえなかったと感じていたと気づいたと。
かまってもらいたいと感じたいのだと。

私は、母との心のハグを求めているのかも知れない。

とても大事なことだ。
焦らず、じっくりと、私のいいと思ったタイミングで
連絡してみようと思う。
スポンサーサイト

テーマ : AC(アダルトチルドレン) - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とれっく

Author:とれっく
40代の男性会社員です。幼い頃から説明できない不安といらだちを抱えてきました。最近、その根っこにACがあることを知り、ACからの回復を目指しています。広島県に住んで20年近いエセ広島人。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。